トイレが詰まったときって大変ですよね。水回りのトラブルにはいろいろありますが、トイレの詰まりは最も重大なトラブルのひとつともいえるでしょう。すぐにでも修理しなければ困った状況になってしまいます。だからといって慌てて修理の専門業者に連絡するのは考えもの、まずは詰まりの原因を探して可能なら自分自身で対処してみませんか。

専門業者に依頼した場合、チョコチョコっと数分いじっただけで直ってしまってもかなりの出費を覚悟しなければなりません。簡単な詰まりなら自分で何とかできるものですよ。トイレの詰まりで結構多いのが、ティッシュペーパーや生理用品などトイレットペーパー以外を流してしまったというものです。

これらは紙製品といえども水に溶けにくい素材だったり溶けにくい製法を採っているので、詰まってしまいやすいのです。こんな場合なら、吸引ラバーカップ、いわゆる「スッポン」を使うと簡単に詰まりが解消されることも多いのです。100円ショップでも手に入りますから、ひとつ購入して万が一の時のために常備しておくといいかもしれません。

吸引ラバーカップ使い方について、押すのも引くのもパコパコと両方ともに力をいれて行なう人を多く見掛けますが、実は押し付けるときはグーッとゆっくり、引くときに勢いよく力を入れるのがコツですから覚えておきましょう。水が飛び散るのがイヤで水を抜いてから使用しようとする人もいますが、それでは効果はありません。

けれども、水があるからこそ水が吸引されることで詰まりがずれて解消されるのです。水が飛び散るのがイヤな人はビニール袋やポリ袋などの真ん中に穴をあけて、そこからラバーカップを突っ込んで便器をビニールなどで覆って行なえば飛び散りを防ぐことができます。