トイレの詰まりの原因にはいろいろあります。ティッシュペーパーや紙おむつなどを流したり異物や固形物を落としたといった場合に詰まりが発生しますが、その他に原因があるケースも少なくありません。そんな場合は詰まりの原因は段階的に進んでいき、突然水が流れないという症状が現れることも多いのです。

そのため、その前兆を察知して早めの対処を行なえば詰まりを回避することも可能となります。前兆のひとつとして、用を足した後流した水が流れにくく普段より水位が高くなっているならば、配水管が詰まっている可能性が疑えます。この場合には、水位が探すまで待ってラバーカップを用いてみましょう。

それでも症状が解消されない場合には、トイレ修理の専門業者に依頼するほうがいいでしょう。排水管のトラブルは専門的な知識が必要なので素人の手に負えないことが多いのです。下手に自分で解決しようとして排水管に関わるトラブルが発生することもあり、そうなれば更なる修理費が必要になることもあります。

また、少なくない人が節水目的で水を入れたペットボトルをタンクに入れているようですが、これも詰まりの原因になりかねません。というのも、水流や水圧が足りないために排水管や便器内で汚物がつまってしまうことがあり得るからです。そんなことをしていないのに水流が少ない場合はフロート弁が働いていないといったタンク内部のトラブルが考えられます。

この場合はタンク内の修理が必要となりますが、タンク内の水が便器内に流れ出しているといったケースでは無駄に水道代を払うことになりかねないので至急対応することをおススメします。タンク内でチョロチョロ音がするといった場合でも、ひと月にすると数千円の水道代が無駄になってしまうこともあります。